前へ
次へ

賃貸管理の手数料は、業者によって様々

賃貸管理の手数料は、オーナーにとって、安く済んだ方がお得でもあるでしょう。一般的に、手数料の算出は、家賃の数パーセントによる費用の契約です。手数料の相場は、5%ほどとも言われています。ただし、賃貸管理の手数料における料金の仕組みは、業者によって様々であり、様々な内容に目を通すのも大切です。例えば、共有部分の清掃や建物全体の点検などは、別料金のオプションとして設けている業者もあれば、含まれている業者もあります。新規契約者が現れた場合、家賃の半分を求める業者もあれば、求めない業者も存在するのです。賃貸管理の手数料が安ければ、物件を紹介する広告に力が弱い可能性も考えられるでしょう。手数料が安く済んだとしても、空室が多く、賃貸料そのもの、収入が少なくなってしまえば大きな損失です。賃貸管理の会社を選ぶ際は、質の高さと、その質に見合った妥当な手数料を考えて選ぶのも大切でしょう。様々な業者の資料を見比べ、比較しながら足りない内容について、各業者に質問するのもポイントです。

Page Top