前へ
次へ

賃貸管理士の資格は、そのメリットについて

賃貸管理士は、正式名、賃貸不動産経営管理士と呼ばれています。不動産に関わる資格といえば、宅建士が有名ですが、この資格は、賃貸管理業務全般に関わる、管理の適正化、健全化を目的に作られた資格制度です。従来における宅建士の資格は、分譲マンションなどに特化した内容であり、賃貸の管理にルール作りがなされていませんでした。そのため、敷金の返還などのトラブルが増加していったのです。賃貸管理士の資格を持ち合わせていれば、借り手に安心感を与えるメリットもあり、賃貸における不動産に携わっている方は取得するのもお勧めです。この賃貸管理士の資格は、国家資格にさせるための議論がなされています。国家資格になれば、より難しい内容になる可能性も高く、早めの取得もポイントです。不動産業に携わらない一般の人も受験が可能であり、2018年の合格率は50%ほどになります。一般の人も含めた内容であるため、業務に携わっている人は、合格できる可能性も高くあるでしょう。

Page Top